スコティシュフォールドのモモが1歳の誕生日を迎えた矢先に発病した足の異常でも、そんなモモを天国から支えるビーグル犬レオ兄ちゃんといつの間にか?伯父さんニャンコになった雑種のタロウとクロとまだまだお子ちゃまのリオちゃん3歳とカプチーノくん2歳のおかげで元気になったモモのお話。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっかり空いた心の穴
2008年10月08日 (水) | 編集 |
  レオ兄ちゃんが亡くなって早10日が経ちました。

  何だか寂しいです。仕事から帰宅してもレオがいない・・・・・・


  レオ兄ちゃんはご近所の人気者だったので姿が見えないので
  私の姿を見ては「レオくんは?」「死んじゃったのよ」と言う会話になり
  どうして死んだのかの説明になります。

  「11才じゃまだ早いわよね?」・・・・そんなの私が一番わかってます。

  佐川急便のおじさん!生協のお兄さん!ヤクルトのお姉さん!みんな「寂しくなりますね」
って寂しいですよ!!

  家の外で飼っていたので、ニャンズより人気者だったレオ兄ちゃん・・・・・!

  私が留守の間、我が家を守ってくれていたのですね。
  そしてご近所付き合いもしていたレオ兄ちゃん。

  本当ならお一人づつコメントしなくてはいけませんが、なかなか元気が出ません。


   この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。


   モモ、タロウ、クロは大変元気です。もう少ししたら写真などを撮ってアップしたいと思ってます。



スポンサーサイト